fc2ブログ

卒業

全国1,000万の「映画」ファンのみなさんこにちは。

そうだ 映画みよう  タラララ・・・・ タララララン・・・・・ 

かっぱ(映画研究会出身)プレゼンツ

映画を語る

今回はアメリカ映画 「卒業」

ダスティン・ホフマン キャサリン・ロス主演の

アメリカンニューシネマを代表する作品。

サイモンアンドガーファンクルの

「サウンドオブサイレンス」の曲でも有名。

1968年制作 69年日本公開。

この映画はもちろん青春・恋愛映画にはちがいないのですが

本質は別のところあります。

結婚式の教会からベンが花嫁を連れ去るシーン

「エレーン・エレーン・・・・・」の絶叫

で有名なこの映画ですが・・・・・・

後々の映画でこのシーンのパロデイが

数多くみることができますね。

見どころはずばり「ラストシーン」です。

教会から抜け出し、バスの最後部に並んで座り

笑顔のふたりのショットでラスト(ハッピーエンド)と思いきや、

ここでよくふたりを見ているとあることに気がつきます。

ふたりの笑顔は消え、表情はきびしくなり、目もうつろ。

そのままラストシーンが長く続きます。

バスの乗客も老人ばかり。

ふたりの今後のこと・人生にたいする不安等を感じぜずにはいれません。

ここに63年のケネディ大統領暗殺、65年のベトナム戦争開始、 

ニクソン大統領落選等々の

アメリカの闇の部分(不安)を感じととることができます。

アメリカンニューシネマ。

ラストシーンで流れるサウンドオブサイレンスに

「あなた心には何が残りましたか?」

まだ見られていないあなた必見です。

かっぱのこの映画のここがすごい

ラストシーンが忘れらない。

評価    ★★★★と半分  (5点満点)

そして映画館のかっぱの瞳に「エンドロール」が静かに映りはじめました。

次回予告

そこに涙と笑いがあり

そして「浦和」にいった。

かっぱプレゼンツ

青春物語

「すいません 青春」

カミング ごめんね

乞う ご期待 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR