FC2ブログ

あの頃はみんなブルース・リーだった。

全国100万の「ブルース・リー」ファンのみなさんこんにちは。

かっぱおやじです。

家でTV(世界の亀山モデル)を見ていたら

日本に影響を与えた映画「燃えよドラゴン」が紹介されていました。

タタタタタン タタタタン(ラロ・シフリン作曲) ホロ酔いタイムスリップ

そうだ 映画いこう タラララ・・・・ タラララン・・・・

かっぱと「ブルース・リー」の出会いは中学2年に遡ります。

洋画に魅せられたサモ・ハン・キンポー似の15歳の少年を思い浮かべて

いただければ幸いです。

今では体型も似ているのは気のせいかしら

341_convert_20101204114508.jpg

(色鉛筆はわけあってトンボではなく三菱)

花の東京の映画館(テアトル新宿かな)

で2回続けて鑑賞。感謝。感激。

「感動した。」(小泉元総理調で)

帰りの東武東上線では

川越まで鳴り響く怪鳥音「アチョー、アチャ、お茶。」

息子を「小龍」となずけようとして妻に怒られたエピソードあり。

その後小学生の息子を「空手道場」に入門させたことは事実です。

当時まったく実績の無い香港映画、主演はこれまた無名の「李小龍」

しかし、この作品は「アクション映画」の枠をはるかに超えていた。

「燃えよ、ドラゴン」なんとネーミングの素晴らしいことか。

30回以上は見ました。髪形も「おかっぱ」にしました。

しかし「ブルース・リー」本人はこの大ヒットと名声を知らず

すでにこの世にはいない存在であり最初から「伝説」でありました。

ヌンチャク、棒術は全国中学の必須科目。(文部省)

通学服は「クンフースーツ」「クンフーシューズ」

手作りヌンチャクを作って練習したことは言うまでもありません。

関根勤、春一番、志村けん、ワッキー、ふかわりょう、

江頭2:50、ルー大柴、 みんなブルース・リーだった。

今週も決まった。

ここでかっぱの「一句詠ませてください」

「かっぱ、かっぱ

    小声でなんどたずねても

              答えてもらえず」

             全国九九普及協会俳人会  詠み人知らず

評 かっぱ(8かける8)の答え(64)を後輩の女子に尋ねるも
  
  答えてもらえないあるサラリーマンの悲哀がたいへん

  うまく詠まれていて好感がもてます。

今週のお薦め

東京スポーツ新聞

 「デイブは埼玉生まれ」の大スクープがあります。

今週のひとこと

  ブエナビスタ     乙女心と秋の直線

今週も「コメントありがとう」コーナー

 今週はコメントがありません。

 かっぱはもうだめかもしれません。

次回予告

 この冬あなたに贈る。かっぱプレゼンツ。

 「恋人はサンタクロース」

 カミングスーン

 乞うご期待。











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

かっぱ×かっぱ=やっぱかっぱ じゃないですか?
プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR