fc2ブログ

夏!日本建築の深い智慧3

こんにちは。こもだ建総の岡部です。
前回のの続きです。

夏を快適に過ごすには、どうすればよいのでしょうか?

①風を取り入れる工夫をし、風が通り抜ける間取りにする
②外気の熱を建物に入らないように、しっかりと断熱をする
③窓から入る熱が相対的に多くなるので、日射対策をする
の、3点を気を付ければ、エアコンにさほど頼らない家ができます。

前回は②について書きましたので、今日は
③窓から入る熱が相対的に多くなるので、日射対策をする
についてです。

夏場に家の中の温度が上がる要因として、
窓から入ってくる太陽の熱が大きな影響を与えます。
しかし、窓がない家は、かえって不快ですし話になりません。
冬場は積極的に太陽の熱を入れて、日向ぼっこは心地いいですよね。

兼好法師が徒然草で、
『家の作りやうは、夏をむねとすべし』
と記しています。

こんな古い時代に断熱技術はないはずです。
でも、ちょっとした工夫で夏は快適になります。

そのヒントは、下の絵です。
落葉樹と太陽角度
四季のある日本は、夏は太陽高度が高く冬は低くなります。
その特徴をつかんでプランを作ります。

具体的には、
その1
南からの太陽は、高度が一番高くなります。
夏場ですと、軒を60センチ以上を目安にとれば
直射日光が部屋に入ることをだいぶ防げます。
逆に冬場は太陽高度が低いので、斜めに日差しが入り
日向ぼっこができます。

その2
落葉樹を活用することです。
夏場は葉が茂り日陰を作ってくれ、冬場は葉が落ちるので
日陰になりません。

その3
西側や東側の窓は、いくら軒を深くしても日差しが入ります。
ですので、外付けのブラインドを付けることや、
簾(すだれ)を吊るしておけば、直射日光がさえぎれます。

その4
窓ガラスをLOW-Eガラスにすることです。
low-eガラスは、熱線をカットしてくれるガラスです。
最近の電車はこのガラスを使ってますね。
ガラスは2種類あって、遮熱タイプと断熱タイプです。
西面に遮熱ガラス、北や真南のガラスは断熱ガラスになど
敷地条件に合わせてガラスを変えると効果的です。

以上をすることだけで、
③窓から入る熱が相対的に多くなるので、日射対策をする
の、対策ができます。

3回にわたって、
夏を快適に過ごすには、どうすればよいのでしょうか?
①風を取り入れる工夫をし、風が通り抜ける間取りにする
②外気の熱を建物に入らないように、しっかりと断熱をする
③窓から入る熱が相対的に多くなるので、日射対策をする
を、解説してきましたが、エアコンに頼らずとも、
間取りの工夫で夏対策はできることが
お分かり頂けましたでしょうか。
エアコンは、あくまでも補助的に使っていただき、
普段は風の心地よい家を目指して、
上記3ポイントを心掛けていきます。


詳しく知りたい方は、資料を差し上げます!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR