fc2ブログ

建売と注文住宅

こんにちは。こもだ建総の岡部です。

今回は、『建売』の話です。
最近、私の住んでいる埼玉県の県央地区は、
大規模な建売が多くなってきました。

工場の跡地や、相続で農家が手放した土地に、
土地面積30坪前後、建物30坪前後、
値段は安くて1900万円台~高くて3000万円に届かない、
全体の規模で10棟から多いところでは80棟の分譲が増殖しています。

この金額であれば、一次取得者が、アパートの家賃並みで、
一戸建てが持てることができ、すぐ完売しています。

知人の不動産屋さんから聞いた話ですが、
とある有名なビルダー(○○○設計)の建売住宅は、
建物と外構(門や塀)を含め、800万円で作るそうです。
信じられない安さです。

当然建物の内容は、800万円で出来ているわけです。

6帖間の畳を、畳屋さんが運んできたときに、
その畳屋さんが1部屋分の畳6枚を一抱えで運び込んだそうです。

おそらく厚さ12㎜の畳(畳と呼べない?)だと思います。

柱は白蟻に弱い木【ホワイトウッド】の集成材を使っています。

注文住宅の家とは、見える所は同じでも、
見えないところが内容はまるっきり違う家なのです。


安いのが悪いとは言いません。むしろ良いことだと思います。

しかし、なぜ安いのかを説明しないのは、悪いことだと思います。
畳が薄いこと、ホワイトウッドと檜の柱の違いなどなど…。
そのことを消費者は知らされていないのです。

一般的に世間では、”木造の家”とくくられています。

[30年から40年の寿命の家]と、
[60年から100年の寿命の家]が
果たして同じなのでしょうか?

安い・高い以前の問題で『どんな内容なのか』が、
一番大切なことであるのに、その情報が知らされていない。

とにかく売れればいいのだという、
大手メーカーの体質がそこに見え隠れするのではないかと感じました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

本当にそうですね

友達の一人に安い物件を購入した人がいました 住んでは見たものの・・・・でした やはり・・一生のお買い物                 勉強しないとですね 

一生に一度の買い物ですから、慎重に考えなければいけません、自分の信じるものた一点集中して。

tommyさんへ

tommyさん、ありがとうございます。
たくさんある工務店やハウスメーカの中から、最後は1社を信頼して任せる、家を建てることはお客様にとっても、ものすごく責任重大な作業ですよね。そのためには、やっぱり勉強することは大切ですよね。見学会や、セミナーや、OB宅訪問など・・・
お調子者の営業担当に騙されてはいけません(笑)

レンコンさんありがとうございます

レンコンさん、ありがとうございます。
家を建てるにしても、食事をいただくにしても、服を買うにしても、価値観は人によって違います。その中で、自分の信じるものに一点集中することは、本当に大切だと、同感いたします。
プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR