fc2ブログ

東京大学

こもだ建総の岡部智之です。

1月31日に、わが母校の(大ウソ!)東京大学農学部に行ってきました。
今月18日に行われる
木の家に住みたくなる講演会
『木の家は素晴らしい!!』
~耐震性からエコロジーまで~
木造研究の第一人者
東京大学名誉教授 安藤直人先生の講演会

の打ち合わせで、安藤先生にお会いしました。

氷点下目前まで冷え込んだ夕刻に、
専務と自然流の会の顧問設計士の柳澤先生と一緒に、
東京大学の農正門をくぐりました。
campus-seimon.jpg
農正門は、1937年に創建された農学部の正門で、
現在の門は2003年に木曾ヒノキ材を用いて復元されたものです。

この復元作業を安藤直人教授が行いました。
その話も講演会でバッチリ聞けそうです。

木の持っている性能と美しさを、最大限に研究し
それを生かしていくことでできた、
弥生講堂アネックスで、打ち合わせをしました。
campus-annex.jpg

木のことについての権威である安藤先生ですが、
私たちの話もじっくり聞いていただき、
そして色々なアドバイスや世間の情勢などを、
ユーモアを交えながらお話しいただき、
その場で、尊敬させていただける方と出会えて、
とっても嬉しかったです。

その後、場所を東京大学内にある
おしゃれな雰囲気で、お酒を飲みながら、
じっくりお話のできる、
「S」Tokyo Universityに会場を移し、
時の経つのも忘れてじっくりと楽しく
木のことや、住宅のことや、会社経営のことや、
人間性のことなどを語り会いました。
s-photo08.jpgs-photo06_s.jpg
このお店は、一般の人も利用できる、
銀座に本店があるラウンジです。
(教授と一緒だと、金額も半分くらいになります)

このお店のプロデュースも安藤先生が行いました。
落ち着いた店内に、さりげなく主張をする、木のインテリア。

高級感がありながら優しい木目のアカシアの床材、
台湾桧をリブ状に加工してできた壁や、
和室の欄間用の銘木を加工して作った建具など、
随所に「木のマニア」の心をくすぐる、
心地の良い空間でした。

日本酒でほろ酔いなのと、安藤先生の温かさに触れ、
帰りは寒さを感じずに、帰宅できました。

2月18日が、とっても楽しみです。


安藤直人先生講演会 2月18日
詳しくは、こもだ建総 ホームページまで。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR