FC2ブログ

山長11代目に語ってもらいました。

営業部の岡部です。
昨日は第112回家づくり教室でした。
P7233287.jpg

和歌山県田辺市より、山長商店の榎本常務を迎えて、
『山長11代目が語る!木の家を建てるなら山から知ろう』
をテーマに行われました。
P7233289.jpg

山長商店は、
植林→育林→伐採→製材・乾燥→プレカット
を、自社で一貫して行う、会社で有名です(業界人には)。

そして、台帳による管理で、100年以上前に植えた木が、
どの場所に植えられ、どのように育ててきたかを、
遡って調べることができる、貴重な山林家でもあります。

常務の最初の話は、スーパーの野菜や魚の話です。
最近、スーパーに売っている野菜や魚には、
必ず原産地(●○県)が明記されています。
モスバーガーは、入口に、今日の野菜の産地や生産者名が
看板に書きこんであります。

では、材木ではどうでしょうかね…

一般的に、材木として流通しているものは、
産地や生産者、ましてや強度や樹齢などは
全く分からないものが、流通しています。

住む人の生命や財産、さらには生活を豊かにする
すべてが詰め込まれている住まいについて、
一番重要な構造材が、どんな木を使っているのがわからない…。

果たしてこれはいいのか、そして林業の実態とは…。

そんなお話を、林業の実際の作業の話や
自然災害についてや、環境問題についてを
とってもわかりやすく、約90分語っていただきました。

午後からは、山長の顔の見える無垢材を使った
骨組みの現場と、
入居5年を経過したS様邸にお邪魔し、
住まい心地を聞かせていただきました。
P7233297.jpg
昨日参加されたお客様は、
大変参考になったのではないかと思います。



ところで、話は変わり、
昨日家づくり教室の後、早めに帰宅をしました。

それは、家族と『ホタルを見に行く』約束をしていたからです。

ほんの少しだけ西北の空に光が残る、夜7時30分に、
我が家の定番のスポット、
『北本自然観察公園』に行ってきました。

事前にホタルの自生するスポットを確認し、
懐中電灯片手に家族4人で、
夜の公園を奥へとすすんでいきました。

ここのホタルは、ヘイケボタルです。
放し飼いにしたものではなく、
自然の環境を守っていくことで、
自然に自生しているホタルです。

子供たちは、生まれて初めて見るホタルに
とっても喜んで、驚いていました。

私たち夫婦も、群馬に住んでいる時に、
人工繁殖のホタルを見た以来10年ぶりの
ホタル見学でした。

暗い夜空に、星をちりばめたような、
とっても久しぶりに、心から感動しました。

皆さんも是非、お出かけください!
ホームページ→北本自然観察公園
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR