FC2ブログ

窓を開けよう!

こもだ建総営業の岡部智之です。

『節電の夏』が合言葉の日本列島。
どこの電器屋に行っても、扇風機が売り切れ状態だそうです。

わが社のゴーヤさんも、窓を覆うようになってきました。
早く実が成ってほしいです。
卵と豆腐でゴーヤチャンプルは定番ですが、
それ以外の食べ方も研究しておかないといけません。

さて、『節電』のために、エアコンに頼らずに、
朝方や夕方以降は窓を開けて過ごす方も多く、
その為に扇風機がバカ売れ状態なのは上述の通りですが、
今日は、この『窓』についての豆知識を一つ。

『窓』は、西洋建築の窓と、日本建築の窓では、
考え方が違うことをご存じでしょうか?

西洋の建築は、湿気が低く気温もあまり高くない地域特性を生かし、
石やレンガを積み上げる工法の、
壁建築、壁文化が発展していきました。

採光・通風を確保するためには、強度を失わないように
必然的に小さな「穴」を開けること(開口)しか出来ません。

こうして独自の『窓』文化が生まれました。


 一方日本建築ではどうでしょうか。

高温多湿の日本建築は、ご存じの通り、
柱と梁の軸組を基本構造とし、
通風・採光にすぐれた特徴を持っています。

窓はどういう成り立ちかというと、
柱と柱の間、間(ま)を塞ぐのではなく
間(ま)を仕切る戸=『間戸』であったのです。


西洋の窓は後から開けた隙間であり、
日本の間戸は、はじめから出来ている空間を、
戸によって開け閉め出来るものにした、
その成り立ちは正反対なのです。

wa_010.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR