FC2ブログ

日本には木が無いの?

こんにちは。こもだ建総の岡部です。

こんな話があります。
ある海外の木材商社の人が日本に初めて来たときのことです。
その方は、飛行機から見える日本の姿に驚いたそうです。
それはあまりにも緑が豊かだったからです。

その方は、日本が海外から、
いかにたくさん木材を輸入しているか知っていたので、
きっと日本には森林が無いと思い込んでいたのです。

日本の森林面積は2510万ヘクタール(ha)あります。
これは国土の67%を占めております。

ちなみにこれは森の国として印象のある
ノルウェイやフィンランドとほとんど変わらない比率です。

日本の森林のうち約4割の1035万haは人工林です。
森林面積

人工林は戦後の拡大増林によるものがほとんどで、
現在樹齢50年前後の伐り時をむかえた材が
たくさん蓄積されています。
樹齢構成

その一方で、木材の自給率はどうでしょうか。
製材だけでなく、チップやパルプも含めて、
1年間に日本国内の総需要量は7516万㎥で、
そのうち国内の木材は2492㎥であり、
全体の木材自給率は、33.2%にしかなりません。
木材自給率

さきの外国人が不思議に思うのもわかります。

今現在、日本の木材の蓄積量は49億㎥あります。
蓄積量とは、木の体積のことです。

これは平成24年のデーターです。
木は年々生長し、面積は同じでも蓄積量は年々増えていきます。
森林蓄積量

日本の森林は新たに植えなくても、
1年たてば木の成長分で、
1億㎥ずつ増えていることになるのです。

これは1年間の総需要量より多いことになります。
要するに、木が生長している分だけ使っても、
自給率100%が可能な森林が日本にはあるのです。

なぜ豊かな国産材を使わないのか。
これは皆さんご存知のとおりだと思います。

効率の良いことを優先する、コストのかからないことを優先する、
そんなことが日本の森林を泣かす結果になっています。

木の家を建てることは、『住んでいて心地が良い』
という事だけでなく、環境保全や日本の国土保全に
大いに役だ逢っているのです。

(詳しいデーターは、林野庁ホームページ、森林・林業学習館 より参照しました。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR