FC2ブログ

世の中

 仕事で、お寺の住職さんと会話した話です。
故人を送る儀式、葬式もだいぶ変わってきたとの話です。
 家族葬や身内で、送られることが多くなり、住職さんの会葬の仕事も減りはじめ、それに伴い、職種が負の連鎖で淘汰されてきているとの事でした。たとえば、塔婆を造る仕事も激減、関連業者の仕事も関係し、行事が少なくなると、衣装や袈裟も頻度が少なくなるので傷まなくなり、そこに重視している職種が、激減と世の中の動きが、不透明になる感は否めないとの事で、大手スーパーでは、「宅配法事」なるものもあるらしい。過疎の住職を使って、檀家でもない所へ行事を派遣しているとの事。都会に住むと、どこへ依頼すればよいのやら皆目検討つかないし世話無いと言えば語弊を招くかもしれないが、縁もゆかりもないところへ頼みたくなるのも、解らない訳ではない。宗教の関係や思想と考えは人様々なので、何がいいのかはそれぞれだと思います。『人生いろいろ』という歌がありましたが、本当にいろいろです。
 住職さんは、幼少の3代目を今後、継がせるかどうか、世襲という流れにおいて、寺を他の者に執られるという事は、ご自分の中で築き上げられた地盤というものがある中で考えられないので普及していくにはどうするかも、考えながら暮らしていくとおっしゃっておりました。身につまされる話でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR