FC2ブログ

加減をした方が良かった

 この10月は本当に雨が多いですね!
10/15(日)、に35年続いてますOB客様に対しての感謝の気持ちで開催してます、芋堀大会がありました。
こもだ建総の関係スタッフ一同、心を込めておもてなしをしました。
 
 この日は、雨でした。雨の中、大勢の家族連れのお客様が、見えられ掘り当てた、芋を袋に詰め、泥だらけになりながら、収穫していただきました。畑の会場と、イベント会場では、焼きそばとフランクフルト、スタッフ料理し、焼きたての焼き芋、温かい飲み物をお出しする所で疲れを癒してもらいました。私たちみんなの気持ちが伝わればとの1日でした。

 私は、畑会場にて接客させていただいたのですが、中盤の頃から、右腕にしびれが入りだし、終了する頃右腕が上がらなくなる現象になり、上腕筋が痛み出し初めての状況となりました。同年代の仲間に状況を話したところ、50肩でないかとか、夜寝がえり打つのがつらいぞとか、治癒するまでに半年位かかるぞとか、医者に行って注射打ってもらえば治りが早いのではとか、整体にいくべきとか、自分の経験を本当に親身になり話をしてくれる良き仲間と思いました。帰り右の腕でハンドルを持つ事も辛く、ドアの開閉、鍵を廻しひねる事も出来ない状況まできました。その夜は、腕がじんじんと痛み出し、一睡も出来ない状態で、次の日の月曜日が一番最悪でした。デスクの上に右手を上げて、パソコンのキーを打つことも困難で左手でやりました。明日公休で医者に行くつもりでしたが、家に帰ってから、市販のスティックの筋肉に塗薬のものを痛みを感じるところに塗り捲りました。昨日眠れなかったせいか、痛みよりも眠気がかっているせいか一晩眠り次の日は、痛みが和らぐのが感じられて、自然治癒できると思いました。
 
 少しづつですが、上げられる高さに時間と共に変化を感じられ、治癒していくことに喜びを感じております。最初の頃は50肩で長期的に付き合っていかなければならないと思っていたのですが、その現象ではないと解り安堵したところです。
 よくよく考えてみると、芋堀大会の準備の日に、年甲斐もなく重いものとか、体がついていってなかったのにも関わらず、かなり無理して加減を考えずに作業したところに無理があったのではと思います。肉体改造というか、鍛錬は必要と思います。
この数日間に経験した事として、右手を使えない事と痛みで、時間がかかったり、出来ないことがあったり、イライラする事があったりと、人の痛み辛さを経験させていただきました。この経験を生かした提案を考えていきたいと思います。
 
  反省し、無理せず作業に貢献できる体力づくりに励みたいと思います。今は徐々に回復しつつあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR