甘い品質管理

 戦後日本の、成長を支えてきたのは、日本人の勤勉さと仕事に取り組む姿勢で、世界のトップレベルの技術を模索し、改良改善し支えてきた、先人の魂と努力そのものを継承してきているという事は、皆様周知の事だと思います。
 先週、神鋼の品質データー改ざんの記事がでてました。納期・生産目標に追われ、現場の管理職が黙認するなど、組織的に行われていたのではとの事でした。
 また、アルミや銅は事業所によって作る製品が異なり、高い専門性が求められることから、技術職を中心に人事異動が少なく、こうした外部の目が働きにくい職場環境の中で、品質管理や監査体制が十分ではなかった。納期や生産目標を達成しなければならないというプレッシャーがある中で、検査証明書のデーターを書き換えてしまったという事態を招いたようです。
 製品は大手メーカーの乗り物に使われている部品らしいですが、強度不足による支障が、懸念されます。利用する方は、安心、安全に移動できる事を願い信用信頼し利用している訳です。些細な事が事故に繋がる事は、理解しての確信犯ならば、あまりにも許せない事だと思います。
 データーの改ざんが、日本製品の中でも相次いで、公表されています。日本製品は品質の良さが、今でも世界的に評価されているので、不祥事が続くとその根幹を揺るがすものになりかねない、国際競争力を失いかねない事態になるやもしれません。
今一度、再発防止に努めていただき、より良い品質管理に重視していただきたいと思います。
 人のふり見て我がふり直せの面持ちで、仕事に励みます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR