FC2ブログ

安い=良いこと について考える

レモンが大変お買い得な金額で売っていました。

1個 57円!

よく見てみると、値札の下に
こんな注意書きがしてありました。
img_0.jpg

「当商品は食品衛生法に従って
防ばい材T.B.Z(チアベンダゾール)
イマザリルを使用しています」

そこで、このT.B.Zとイマザリルを調べてみると、
簡単に次のようなことがわかりました。

・これは輸入される柑橘類が、輸入移送中に
 カビたり腐ったりしないように収穫後にかける農薬、
 いわゆる、ポストハーベスト農薬である。

・日本で収穫された農作物にかけることは禁止されている。

・人体への影響は、催奇形性(胎児に悪影響を及ぼす)、
 成長不順や肝臓の障害などが挙げられる。


輸入レモンと国産レモンを比べると、
値段は3~5倍程度違ってきます。



しかし、より安全な食べ物をと考えれば、
国産の柑橘類が良いですよね。


我々に家づくりの業界でも同じです。
極端に安いものには、それなりの理由があります。

均一に大量生産される建材は、
接着剤や塗料を多く使っています。

無垢材を取り扱うには、木に対する知識や
1本、1枚それぞれ違った性質を考えて、
一から加工をしていく職人の技術が欠かせません。

建売や大手ハウスメーカーでは、結局のところ、
同じ品質の家を大量に建てるので、
職人の技や素材の良し悪しによって、
住宅の品質が変わってしまっては
クレームの原因になるので、
加工された建材を使わざるを得ないのです。


「安いのがいけない!」のではなく、
「なぜ安いのかを知らせていないこと」が
大問題だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR