FC2ブログ

息子のサッカー大会のはなし

こんにちは。こもだ建総の伊藤です。

先週の日曜日は、息子のサッカー大会があり、
日曜日に仕事のある私は、息子をサッカー場
まで送り届け、後ろ髪を引かれながらもその
まま仕事に向かいました。

幼稚園の息子には、そろばんとサッカーを
習わせているのですが、サッカーはある時期
を境に嫌になったようで、練習のある木曜日
はいつも朝から憂鬱な顔をしています。

息子にサッカーが嫌いになった理由を聞いて
みると、サッカーは好だけど、ある日サッカー
が上手な同年の子に罵られたらしいのです。
それがきっかけで練習に行くのが嫌になった
ということでした。

まだ幼稚園児ですので、こういう人間関係の
軋轢には不馴れですので「気にするな」といっ
てみてもやはり気にするのが幼稚園児です。

こんな時に父親として、息子にどんな言葉を
掛けてやればいいんでしょうか?

私は、日本代表がワールドカップを前に敗戦
続きだった時に、「俺たちはヘタクソなんだから、
ヘタクソなりのサッカーをやるしかないんだ」と
開き直って、ワールドカップで結果を残した話を
しました。私は、「ヘタクソでも一生懸命やれば
いいんだ」と息子に言い残して会社に向かいま
した。車の中では、さすがに幼稚園児には難しい
話だったかなぁ…と我ながら反省しましたがね。

さてその日の夜、ドキドキしながら家に帰ると
テーブルの上にピカピカの盾が置いてある
ではないですか!結果は何と準優勝!!

息子も急にサッカーが楽しくなったようで、
今週の木曜日はノリノリのサッカー少年に
なって練習に行ったようです。

父親としてはホッと一安心した先週の話でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR