FC2ブログ

卒業式

こんにちは、こもだ建総の岡部です。
昨日は、下の子の卒業式でした。
上の子から、10年間の小学校の父兄から
夫婦で卒業をする日でもありました。

卒業式と言えば、小学生の『呼びかけ』
最後はジーンときました。



番外編
私と妻の『呼びかけ』

(夫)    年とともに緩くなる涙腺
(妻)    児童入場で泣かないよう、頑張りました
(夫婦同時)頑張りました

(夫)    校長先生の式辞
(妻)    感動的なお話、
(夫婦同時)ありがとうございます

(妻)    式辞の途中
(夫)    校長先生
(妻)    声を詰まらせて泣きました
(夫婦同時) 泣きました

(夫)    廻りの父兄もつられて
(夫婦同時)泣きました
(妻)    校長先生がなくなんて
(夫)    まさに、反則技
(夫婦同時)涙腺が崩壊しました
IMG_8403.jpg
スポンサーサイト



ねこ、うま、アンコウ、きのこ、なみだ?

こんにちは。こもだ建総の岡部です。
突然ですが、
ねこ、うま、アンコウ、きのこ、なみだ・・・
意味不明です。

実は、建築の現場でよく使われる言葉なんです。

【ねこ】
材料の小運搬やコンクリート運搬に使う手押しの猫車
20130804_662449.jpg

【うま】
部材に墨付け、刻みなどを行うために使用する移動可能な四本脚の架台
12_07_02.jpg

【アンコウ】
軒どいと竪どいをつなぐ部材の名称
113047.jpg

【きのこ】
ドアの床につけるストッパー
bc9932c5.jpg


【なみだ】
透明なウレタンの戸当たり
img1053702142.jpg



雨樋の受け金物、でんでん太鼓みたいだから【デンデン】
img57147097.jpg


虎の模様だから【トラロープ】
U37460to.jpg

まだまだあります。
犬走、キャットウォーク、鴨居、蝶番、トロ・・・

動物や生活の中の名称が結構使われています。

『馬の近くに猫があるから、トロ積んできて!』
『アンコウとデンデンつないどいて!』
なんて聞こえてきても、びっくりしないでくださいね。

大切な日

こんにちは。こもだ建総の岡部です。

3.11

あの日から6年経過しました。

今日会った人みんなに、あのとき何してたか聞いてみました。

設計士のWさんは、家に親戚が来ていて、びっくりして床に這いつくばったと言っていました。

コーディネーターのTさんは、車を運転中だったと言っていました。

お客様のK様は、たまたま子供が風邪で保育園を休んでいて家にいたと言っていいました。

6年前のこの日、私は午前中に熊谷で地鎮祭があり、会社に戻る途中、車の中で遭遇しました。
あの日、保育園だった下の子は今年中学生になります。

しかし、6年経過し、心の中で、遠い昔に遠い場所で起きた出来事になってしまっているんではないかと、感じてしまいます。
被災された方、家族や友人を無くされた方にとっては、遠い昔の遠い場所の出来事ではなく、今尚、進行形の出来事です。
死者・不明者 24,598人
今でも12万以上の避難者
終わりの見えない原発
思い出でも、過去の出来事でもなく、現在進行形である意識を持つことを再確認しないといけません。
ただの偶然で、たまたま私や家族が被災しなかっただけで、いつどこでも同じ状況に置かれても不思議ではありません。
大きな災害と共に、たくさんの教訓を教えてくれています。教訓は知っているだけでは意味がありません。実践しないと何の意味もないのが教訓です。

注文住宅を造る仕事をしています。
注文住宅は、モノを作るのが仕事ではなく、その後長きにわたりお客様が住んでいく、お客様の家族の未来をつくるのが仕事です。その未来には、きっと大地震も起きることでしょう。ですので、家にいる時に安心できる地震に強い家をつくることは、私たちの責務だと思っています。たくさんの教訓を知っているだけではなく、生かしていかないといけません。

気持ちを新たに、教訓を実践することを誓う、3.11です。

家づくりは楽しい!

こんにちは。こもだ建総の岡部です。

家づくりの打ち合わせは、楽しくワクワクするものです。
この世にまだ形として無いものを、
線一本から書いて、家という形にしていく。
究極の完全オーダーです。
きっと、人生でこんな贅沢な時間は
めったにないことだと思います。

家をつくるということは、ただ単に物体『箱』を
つくることではありません。
新しい家で、どんな時間を過ごして、
どんな暮らしをしたいか、
大げさではなく、『どんな人生を過ごしたいか』、
その目的を達成するために家をつくるのです。

そんなことを、いつも頭の中に入れて、
四半世紀、楽しい人生づくりのお手伝いをしています。

先日お打合せのM様。
楽しいお打合せの一コマです。
無題
IMG_8257.jpg

リビングの一角に、『こもり空間』をつくります。
お子さんの昼寝&遊びの空間に、
洗濯ものをたたむ空間に、
孤立しないけど一人になれる空間に、
新たな生活と暮らし方を実現する空間づくりです。

この暮らし方を実現すべき、あえてミニマムな空間、
畳2枚の空間で、天井は三角形の勾配天井にし、
入口は、屈みながら入る位の高さで、三角形の入口に。

入口の幅や高さなど、
楽しく打ち合わせをした一コマです。
どんな空間になって、
M様がどんな暮らし方を実現するか、
とても楽しみです。
プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR