FC2ブログ

『明るい家』にしたい!

こんにちは。こもだ建総の岡部です。
プランづくりのお話をしていく中で、必ず出るお話があります。
『明るい家にしたい』
『風抜けの良い家にしたい』
この2つは永遠のテーマだと思います。
_D8V5194.jpg

『明るい家にしたい』
だから、
『直射日光を入れたい』

お話を進めていくと、このような話になることが多いのですが、
『明るい家』
=(イコール)
『直射日光の入る家』
ではないのです。

家の中に入ってくる光を整理すると、下記のようになります。
『直射光』と『天空光』の2種類があります。
直射光とは、その名の通り直射日光のことであり、天空光とは、直射日光以外の光のことを指し、天窓や高窓、中庭、そして北の窓などから採り込まれる光です。

『明るい家』を作りたいのであれば、直射日光はほとんど関係なく、『天空光』を上手に取り入れればよいいのです。
敷地条件が良く、南側に大きな空間があることは、都市部だとほとんど考えられません。南からの直射日光が入らなくても、明るい家にすることは工夫をすればできるのです。
吹抜を作ることも、天窓を作ることも、直射日光が入らない北側に窓を設けることも、『天空光』を上手に取り入れるための工夫なのです。
007_2018121210522215c.jpg
_MG_9085.jpg

もちろん、直射日光を入れることのメリットもあります。直射日光は、特に冬場は、天然・無料・高性能輻射式暖房になります。日向ぼっこが気持ちいいですよね。しかし、天候次第で直射日光が入らない日もありますし、隣の家や道路から丸見えになることが多く、カーテンで、せっかく光を採り入れるために大きな窓をつくったのに、その窓を自ら閉じてしまうことも考えられます。また、夏場に直射日光が入ることで、家の温度が上がり、快適な空間にならないことも考えられます。

そこで、重要なのが、『窓の性能』になります。
例えば、敷地条件的に直射日光が入らない家で、天空光を生かした間取りで、北側に大きな窓や吹き抜けに窓がある家の場合を家をケースに考えてみましょう。
もしかしたら、皆さんの今お住いの家もそうかもしれませんが、冬場は窓の近くに行くとひんやり感じて、窓の近くが快適空間ではないことがあるのではないでしょうか。特に北側の大きい窓や吹き抜けの窓が、このひんやりの原因であると、不快なだけではなく、結露の原因にもなってしまいます。
しかし、窓の性能を良くすれば、このひんやりの不快がなくなってきます。そして、窓のそばが快適な空間になります。こうすることで、天空光を生かした窓をたくさん設置しても、快適な家になります。
直射日光が入る家のケースをを考えてみても同じです。窓の性能を良くすれば、直射日光の熱をカットし、部屋の温度上昇を抑えられます。

『明るい家にしたい』
でも、直射日光が入りにくい敷地条件である。
それでも『天空光』を生かした工夫をすれば、必ず明るい家になります。

『明るい家』
=(イコール)
『直射日光の入る家』
ではないのです。


天空光を生かした敷地条件であっても、直射日光が入る敷地条件であっても、家の断熱性能、特に窓の断熱性能を良くすることが、大前提になります。



こもだ建総では、高性能樹脂窓『APW330』を標準採用しています。
index_img_vis_01.jpg

スポンサーサイト

こんにちは 今村です。

今年も残すところ僅かとなりました。

一年を振り返るにはまだ早いのですが、
健康に過ごせたことがなにより幸せな
一年でした。

師走に入り、忙しさに加えて寒さも厳しく
なってきます。
健康には十分、注意をして年末年始を
迎えたいと思います。

今はほとんどネットで発表です。

こんにちは。

のむらです。



ついに12月になりましたね!!
一年ってはやいですねー。



12月は年末ということもあり、
仕事納めに追われがちな建築業界ですが、

他にも建築業界を賑わせるイベントが!!

それは…『建築士の合格発表』

今年は
12/6に二級建築士・木造建築士の合格発表
12/20に一級建築士の合格発表です。


建築士の試験は
一次と二次があり、
一次は学科で二次が製図の試験です。

一次は自己採点でなんとなく合格かどうかわかるのですが、
製図の試験ばかりは受かっているかどうかは
合格発表までわかりません。



書きあがっていて、
すごく自信があっても落ちることも。。。
建築士の製図試験はそういうこともおこります。。。


そんな試験の結果なので、
合格発表は本人にも会社にも一大イベントで、

お祝いムード・慰めムードが入り乱れます。





建築士の他にも
建築・不動産関係の資格試験の合格発表がありまして、

宅地建物取引士は12/5。
福祉住環境コーディネーター2・3級は12/14です。


私は福祉住環境コーディネーターを受けましたので、

建築士ほどではありませんが、ドキドキしている一人です(;'∀')



資格の合格発表ラッシュで

建築業界がソワソワする12月。

ぜひ、まわりに12月の合格発表の資格試験を受けた方がいましたら、
盛大にお祝いしたり、そっと慰めたりして差し上げてください。(・∀・)



のむら









年末恒例『感謝廻り』

こんにちは。こもだ建総の岡部です。
年末のこの時期と、夏休み前の時期に、こもだ建総では、今までご縁の合ったお客様に年2回の「感謝廻り」をさせていただいています。創業以来、1500組を超えるお客様に地域密着の末永いお付き合いをさせていただいているのが当社の自慢です。
私は自分の担当させていただいたお客様をメインに、130件のお客様のお宅に挨拶にお伺いいたします。
建築の時に赤ちゃんだったお子さんが、家と共に成長していく姿を、親戚の叔父さんみたいに楽しみながら訪問しています。
笑顔で快適に暮らしていただいている様子を感じることができ、訪問件数は多いのですが、いつもパワーをいただいて、あまり疲れを感じないのが感謝廻りです。

今年の感謝廻りのご挨拶の御印として、カレンダーと手ぬぐいをお渡ししています。
どちらもこもだ建総オリジナルデザインです。
IMG_2565.jpg
IMG_2567.jpg
カレンダーは、こもだ建総の作品集になっていて、メモの記入ができる便利な大きさ(見開きA3サイズ)です。

IMG_2568.jpg
IMG_2569.jpg
手ぬぐいは、こもだ建総のオフィシャルキャラクター『こもだっく』ちゃんが、いろんなポーズを決めている、かわいいデザインになっています。


こちらのブログをご覧いただいている方に、ご希望の方はご連絡をいただければ、セットで送らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

メール
info@komodakensou.co.jp
(タイトルに『カレンダー希望』、住所・氏名・電話番号を明記してください。)

FAX
048-685-7650
(タイトルに『カレンダー希望』、住所・氏名・電話番号を明記してください。)

インプットの秋、アウトプットの冬

こんにちは。

のむらです。



すっかり冬ですね。

年末も見え隠れしてきました。




先週、建築士の定期講習と

福祉住環境コーディネーターの試験を受けてきました。




建築士の定期講習は

建築士事務所に所属するすべての建築士が
3年以内ごとに受けなければならないもので、

受けなくても建築士の資格がなくなるわけではありませんが、

受講しないと戒告または2ヶ月の業務停止処分になってしまいます。



私が建築士を取ったのは3年前なので、

今回は初めての定期講習でした(・∀・)



受験した時には聞いたこともない単語や新しい法律…

建築技術は進化し続けていて
建築士も進化し続け無ければならないのだなと
すごーーく感じました。


-----------------------------------------------

建築士法第2条の2(職責)
建築士は常に品位を保持し、
業務に関する法令及び実務に精通して、
建築物の質の向上に寄与するように、
公正かつ誠実にその業務を行わなければならない。

-----------------------------------------------


法律でもこのように書かれています。

品位かあ…(^^;)




きっと次の講習の時には
また新しい法律や技術がたくさん出ているでしょう。


その時また(;'∀')って感じにならないよう、

常に現在の建築事情にアンテナを張っていきたいと思います!







のむら



プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR