いぬ、くま、ねこ、赤ちゃん・・・家に大集合

こんにちは。こもだ建総の岡部です。
お引渡し直前のお客様の家に行くと、
かわいい子たちがたくさん迎えてくれました。
くま
くま

いぬ
いぬ

さる
さる

あらいぐま
あらいぐま

ねこ
ねこ

ぴぐもん
ピグモン

あかちゃん
赤ちゃん

まだまだお家の中に、かわいい子がたくさんいそうです。
スポンサーサイト

春の足音

こんにちは。こもだ建総の岡部です。
今年の冬は寒いですね。
1月22日の大雪からだいぶ経ちますが、
道の端に除けてある雪がまだ融けていません。
IMG_0641.jpg

日中も10度以下の日が続いている埼玉ですが、
立春も過ぎて春の足音が聞こえてきそうです。

会社の周辺を、毎朝社員で清掃をしています。
私の範囲は会社裏手の田園地帯です。
タバコの吸い殻や空き缶を拾いながら
通学中の中学生に『おはよう』と挨拶をし、
『おはようございます』と元気な返事をいただき、
清々しい朝を過ごしています。

その掃除ルートの途中で、毎年春を感じる場所。
IMG_0638.jpg
IMG_0637.jpg
蝋梅の黄色い花が、咲き始めて、近づくといい香り。
2年前は暖冬で年末に咲いていたのですが、
今年は立春を過ぎて咲き始めました。

近くにある桃の木も、地面に雪が残る中、
桃色の花を咲かせ始めました。
IMG_0643.jpg

寒いのも、もう少しの辛抱ですね。
春の足音が、聞こえてますね!




新春の集い 職人集団!

こんにちは。こもだ建総の岡部です。
1月20日に
『こもだ建総・万龍会新春の集い』
が、開催されました。

社員・施工部(大工)・パートナー(各職人)が
一堂に会して、行われました。

まずは、集合写真。
2018年新年会文字入り集合


普段は作業着の職人も、この日はスーツ。
びっしと、かっこいいです。

社長の挨拶の後、こもだ建総の職人集団
『万龍会(ばんりゅうかい)』会長の挨拶、
その後、万龍会副会長の乾杯と進みます。
017.jpg
029.jpg


普段現場では、直接会うことのない職人同士に、
社員を交えて、楽しく・熱く語り合います。
098.jpg



縁もたけなわ・・・
〆にはこもだ建総の社歌『こもだの森』を
全員で肩を組んで大合唱してお開きです。
103.jpg
106.jpg


こうして、会社と職人の結束を改めて確認して、
お客様のためにいい家をつくる意識を共有していきます。






そういえば・・・、





昨年の『新春の集い』の前日、
急な腹痛で救急車で病院に運ばれて、
尿管結石のために、
新春の集いも『欠席』しました・・・。

あれから1年、健康に気を使い、
お腹がきつかったスーツのズボンに、
指2本の余裕ができました。
晩御飯を昨年までは、中学生の息子と
同じ量を食べてましたが、お茶碗を買い替えて
小さなお茶碗でご飯を食べるようにして、
スマホの万歩計アプリを入れて歩くように心がけ、
5キロくらいダイエット成功しました!
これからも、健康第一で頑張ります!


今年の新春の集いは、
無事に司会をさせてもらいました。
009_20180131134311b0e.jpg

家づくり教室アネックス【無垢材と漆喰の家バス見学会】

こんにちは。こもだ建総の岡部です。
1月27日に恒例の
無垢材と漆喰の家バス見学会 が
開催されました。

日陰に雪が残る、大変寒い日でしたが、
たくさんの方にご参加いただきました。

今回は、入居直前のお家、
築半年のお家、築6年のお家の3件を
見学しました。

最初に向かったのは、お引渡し直前のお家。
間取りや素材だけでなく、新築時の『匂い』も
体感していただけたと思います。
無垢材と漆喰でできたこもだの家は、
よくある新築時のあのツンとする嫌な臭いがなく
桧や杉などの木の香りに包まれています。
IMG_0548-2.jpg

こちらのお宅、強化ガラスのおしゃれな洗面台です。
IMG_0547-2.jpg

展示場で昼食をとり、
こもだの家ができるまでのスライドを見ながら
家づくりで重要な、骨組みや断熱について
ミニセミナーの後を行いました。

本日2件目のお宅は、半年前にお引渡しした
薪ストーブのあるお宅です。

IMG_0550-2.jpg
IMG_0551-2.jpg

室内は、大きな吹抜とリビング階段、
大きな空間が気持ち良い家です。
断熱性能が高いので、このような間取りでも、
エアコン1台で、家の隅々まで、殆ど温度差がなく
暖かい気持ちのいい住まいであることに
参加された方は驚かれていました。

最後に向かったのは、入居6年のお家。
桧の無垢の床と、壁の漆喰やアクセントのタイルが、
新築みたいに奇麗なことに、参加者はびっくり。
桧の床は、飴色に艶が出てきて、
無垢材ならではの経年美を体感できました。
IMG_0552-2.jpg

百聞は一見に如かず

家づくりをご検討の方は、
必ず実際の家を見たほうがいいです。

次回のバス見学会は5月20日(日)開催予定です。
それまで待てない方や、都合がつかない方は、
個別に対応をさせていただいていますので、
お気軽にお声がけください。



日本には木が無いの?

こんにちは。こもだ建総の岡部です。

こんな話があります。
ある海外の木材商社の人が日本に初めて来たときのことです。
その方は、飛行機から見える日本の姿に驚いたそうです。
それはあまりにも緑が豊かだったからです。

その方は、日本が海外から、
いかにたくさん木材を輸入しているか知っていたので、
きっと日本には森林が無いと思い込んでいたのです。

日本の森林面積は2510万ヘクタール(ha)あります。
これは国土の67%を占めております。

ちなみにこれは森の国として印象のある
ノルウェイやフィンランドとほとんど変わらない比率です。

日本の森林のうち約4割の1035万haは人工林です。
森林面積

人工林は戦後の拡大増林によるものがほとんどで、
現在樹齢50年前後の伐り時をむかえた材が
たくさん蓄積されています。
樹齢構成

その一方で、木材の自給率はどうでしょうか。
製材だけでなく、チップやパルプも含めて、
1年間に日本国内の総需要量は7516万㎥で、
そのうち国内の木材は2492㎥であり、
全体の木材自給率は、33.2%にしかなりません。
木材自給率

さきの外国人が不思議に思うのもわかります。

今現在、日本の木材の蓄積量は49億㎥あります。
蓄積量とは、木の体積のことです。

これは平成24年のデーターです。
木は年々生長し、面積は同じでも蓄積量は年々増えていきます。
森林蓄積量

日本の森林は新たに植えなくても、
1年たてば木の成長分で、
1億㎥ずつ増えていることになるのです。

これは1年間の総需要量より多いことになります。
要するに、木が生長している分だけ使っても、
自給率100%が可能な森林が日本にはあるのです。

なぜ豊かな国産材を使わないのか。
これは皆さんご存知のとおりだと思います。

効率の良いことを優先する、コストのかからないことを優先する、
そんなことが日本の森林を泣かす結果になっています。

木の家を建てることは、『住んでいて心地が良い』
という事だけでなく、環境保全や日本の国土保全に
大いに役だ逢っているのです。

(詳しいデーターは、林野庁ホームページ、森林・林業学習館 より参照しました。)
プロフィール

こもだの営業

Author:こもだの営業
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR